アパート建築で奮発しました

土地活用で建築から始めた

土地活用で建築から始めた家賃が高くても住みたくなる物件付加価値を付けた物件で好スタート

土地活用でアパート経営を決めてからは、どのような建物を建てて運用するかが課題となりました。
正直なところアパート建築も経営も素人なので、相談先にお任せすることも考えました。
しかし、自ら投資して運用するわけですから、後悔しない為にも相談しながら話を進めることに決めます。
コストは削ろうと思えばかなり削れるようですが、そうすると今度は設計の選択肢が限られてしまい、付加価値をつけるのが難しいと言われました。
それだと、空室を埋めるのが難しくなりそうだったので、安定経営を考える中でコストを掛けた方が良いとの結論に至りました。
アパート建築にコストを掛ける、ではいくら予算があれば足りるのか、これが悩みの種になります。
建築費用は部屋数を抑えた小規模な建物でも、平均的な金額ですからかなりのものだと分かりました。
その為、予算の工面を躊躇したり断念を考えなかったと言えば嘘になりますが、アパート経営の興味や意欲が上回ったので、何とか予算を確保することにしました。
まずはどういったアパートにしたいかアイデアを出して、次に入居希望者に訴求力を発揮しそうなアイデアを絞り込んでいます。

土地活用としてのアパート経営で大注目!~法人化について~#土地活用  #法人化  #アパート経営  #tatemaga https://t.co/kEj0KrCpO3 https://t.co/kEj0KrCpO3

— TATE-MAGA (@tate_maga) September 1, 2018

アパート建築収益性を上げるポイント